保険相談無料 おすすめランキング

ほけんの窓口 保険マンモス 保険ビュッフェ 保険クリニック マネモ

無料保険相談
マネモ
25
総合満足度 4.7
» おすすめランキング 1位
» マネモの口コミはこちら

全国47都道府県にある、1,400店の無料保険相談できる店舗を掲載。大手の「ほけんの窓口」、「みつばちほけん」「保険の見直し本舗」をはじめ「保険クリニック」「ほけん百花」など、有名どころの保険ショップの検索・予約が可能。

生命・医療保険、年金など家計・金融に詳しい「保険のプロ」が、家族構成やライフプランを考慮した、最適な保険の選び方をアドバイスしてくれる。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
10
総合満足度 4.5
» おすすめランキング 2位
» ほけんの窓口の口コミはこちら

業界最大手の保険ショップ。全国津々浦々まで500店舗以上を展開している。店舗型保険相談の先駆者的存在。 保険相談件数は90万件を超える。20代~リタイア世代まで、幅広い年齢層に対応する保険の相談に応えてくれる。

保険の知識がない人にも、一度で分からない場合などは複数回に渡って丁寧に説明してくれると利用者からの声が多数あり。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
5
総合満足度 4.2
» おすすめランキング 3位
» 保険クリニックの口コミはこちら

店舗型としては、1999年に日本で初めて保険の相談窓口を始めた老舗の保険ショップ。現在の店舗数は全国160店。 他社にはない15年かけて相談に応えてきた蓄積に定評がある。独自に開発した保険選びのシステム開発を続けている。加入中の保険の分析だけの来店もOK。来店が難しい人のために、相談者の家への訪問相談も行っている。

公式サイトはこちら
無料保険相談
マネモ
16
総合満足度 4.8
» おすすめランキング 3位
» 保険マンモスの口コミはこちら

訪問型の保険相談サービスではパイオニア的存在保険・金融の世界的基準であるAF・MDRTなどの資格をもつFPに相談ができる。 自宅やカフェ・レストラン、勤務している会社の会議室など、こちらが指定した場所で相談が可能。

万が一、相性が悪いFPが派遣された場合も、担当を変更できる「イエローカード制度」がある。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
5
総合満足度 4.2
» おすすめランキング 2位
» 保険のビュッフェの口コミはこちら

保険のビュッフェは、全国47都道府県をカバーする訪問型FP相談サービスを展開。 経験豊富で優秀なFPが、指定した場所に来てくれる。

保険の相談だけではなく、FPの得意分野である、家計、保険、老後年金、相続、住宅購入など『あらゆる金融に関する相談』が可能。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
2
総合満足度 3.6
» おすすめランキング 3位
» みんなの生命保険アドバイザーの口コミはこちら

訪問型保険相談サービスを提供するみんなの生命保険アドバイザーは、質の高いFPを派遣している。 複数の保険会社の保険を組み合わせて、最適な保険プランを提案してくれる。

各保険会社の商品のメリット・デメリットを比較しながら、分かりやすく相談することが可能。

公式サイトはこちら

無料の保険相談サービスを受けたら、「もしかして、しつこいサービスがあるの?」と思う方がいるかも知れませんが、今の時代そんなことはありません。無料で相談を受けつけて、もし納得がいく相談者に合った保険があれば、契約することで、保険相談サービスは成り立っています。

保険ショップにいるFPの資格を持つアドバイザーの方たちや、訪問相談のFPの方たちは、多くの家庭を見てきた、「保険のプロ」です。 もし保険で分からないことがあれば、無料で、色々聞いた方がお得です。

「自分に合った保険の選び方」&「保険の見直し方法」

過不足ない保障を準備するためには、自分の生活に合った入り方が必要です。

保険選びは、ライフスタイルやその人の年齢・職業・そして貯蓄などによって変わってきます。保険の基本は「必要保障額」を把握しておくこと。必要保障額とは、万が一死亡した時に遺族年金などの公的保障や、妻の収入で補うことができない部分の金額です。また、家族の数や、年齢、貯蓄額によっても保障額は違ってきます。

遺された家族の一生分を保険で補うわけじゃない

18歳未満のお子さんがいれば、職業に関係なく「遺族基礎年金」がもらえます。厚生年金に入っているサラリーマンであれば、それに加え「遺族厚生年金」がもらえます。しかし、それだけではもちろん足りないのが現実(教育費など)ですから、どのくらいの保障が必要か、FPに要望を伝えて相談すると、詳しく教えてくれます。

◆保険の仕組みを理解しよう◆
家族

なかなか気づきにくいものですが、保険はかなりの高額商品。必要な保障は確保しつつも保険料の無駄はカットしたいところです。それにはまず、保険がどういうしくみになっているか理解することが大事になってくるのです。

保険に加入すると一生を通じて支払う保険料は、何百万円にも達してしまうもの。自分に合った保障内容で、保険料も割安という保険を見つけるためには、保険の基礎知識が必要不可欠です。

掛け捨てなのか、貯蓄性の保険なのか、終身での保障があるのか、期間が限られているのかによっても大きく保険料は異なってきます。 また、保険料をいつまで支払うのかということも大切。保険といっても、死亡に備えるもの、入院に備えるもの、がんに備えるもの、介護に備えるものなど様々な保険があります。

◆必要保障額って何?◆
親子

自分に合った保険を見つけるためには、自分の必要保障額とニーズを把握すること。

必要保障額はどうやって、把握すればいいでしょうか。夫が死亡したあと遺族が生活をしていくために必要なお金から、遺族年金や死亡退職金を引いて考えてください。会社員か自営業なのかによっても、保障額や加入する保険の種類が異なってくることもあります。 さらに、本当に保険に加入するべきか、貯蓄で備えることができるのか、それ以外にも、両方を併用して準備するのか考えましょう。

子どもが大きくなった人や、そもそも子どもはいない人などは、それほど保険に加入する必要性は大きくありません。たとえば、医療保険に加入して、月額3000円の保険料を25年間支払うと90万円にも達します。90万円分の入院給付金を受け取るためには、180日間入院しなければなりません。 さらに、限度日数60日型なので、支払いは60日まで。「保険に加入したつもりで貯蓄を行う」という選択肢があってもよいはずです。とはいえ、子育て世代では十分な貯蓄がないことも多いもの。多くの人が保険に加入してリスクに備えています。ここでは生命保険の基礎について整理をしていきましょう。

◆どこで保険に入ることができる?◆
家族

保険といえば何とはなしに勧められるまま加入するケースが多かったのですが、販売方法や保険商品の多様化で手軽によい保険が見つかるようになったことで、自分でいい保険を選んで加入する時代に入ったようです。

近年の社会不安が後押しして生命保険に入る人が増えています。年金問題や雇用問題などがいい例ですが、老後の生活設計を確保する為にも保険選びから契約まで積極的に取り組んでいます。それに呼応して保険の方でも販売方法や商品を増やしてきました。

販売方法の一つに保険代理店があります。昔からの保険販売経路で保険会社から商品販売を任され保険会社の代わりに販売業務を代行するのですが、最近その保険代理店が多くなりました。街中に店舗を構えている保険専門店や、大規模消費センター内店舗、銀行窓口など様々です。

◆様々な保険の加入方法◆
親子

保険代理店の大きな特徴は複数の保険会社を取り扱っているところです。違う保険会社の商品を組みあわせて加入できますし、中にはファイナンシャルプランナーに相談できるところもあります。

保険代理店に相談すれば安心はできますが、頼りすぎるのも考えものです。最終的に保険に入ってもらうのが目的なのですから。
保険代理店以外にも販売方法は色々です。保険会社からの直接勧誘や、HPを使ったインターネットタイプなどありますが、どちらかといえば人を介さず申し込むタイプが多いようです。

このような方法は何よりも安く契約できることが大きなメリットですが、対人関係にしばられず、自分だけの考えで保険を選べる気やすさも大きなメリットの一つです。

保険といえば保険勧誘員やセールスレディに勧められるまま終身の生命保険やセット物の保険に入るケースが多かったのですが、保険の多様化により自分に適した保険を選べるようになりました。保険会社も一つだけではなく数社の中から自分に合った商品をピックアップして理想の保険に近付ける。保険に対する取り組み方も違ってきました。