保険相談無料 おすすめランキング

ほけんの窓口 保険マンモス 保険ビュッフェ 保険クリニック マネモ

無料保険相談
無料保険相談
マネモ
32
総合満足度 4.8
» おすすめランキング 1位
» 保険のビュッフェの口コミはこちら

保険のビュッフェは、全国47都道府県をカバーする訪問型FP相談サービスを展開。 経験豊富で優秀なFPが、指定した場所に来てくれる。

保険の相談だけではなく、FPの得意分野である、家計、保険、老後年金、相続、住宅購入など『あらゆる金融に関する相談』が可能。

保険会社ごとに異なる 面倒な契約手続きも、まとめて代行可能。アフターフォローも無料。相談までのオペレーションがスピーディな点も好評。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
マネモ
28
総合満足度 4.2
» おすすめランキング 2位
» 保険マンモスの口コミはこちら

訪問型の保険相談サービスではパイオニア的存在保険・金融の世界的基準であるAF・MDRTなどの資格をもつFPに相談ができる。 自宅やカフェ・レストラン、勤務している会社の会議室など、こちらが指定した場所で相談が可能。

日経BPコンサルティングが実施した「保険相談サービス利用に関する調査」で主要3部門で1位と高評価を得ている。

公式サイトはこちら
公式サイトはこちら
ほけんの窓口
12
総合満足度 3.8
» おすすめランキング 3位
» みんなの生命保険アドバイザーの口コミはこちら

訪問型保険相談サービスを提供するみんなの生命保険アドバイザーは、質の高いFPを派遣している。 複数の保険会社の保険を組み合わせて、最適な保険プランを提案してくれる。

各保険会社の商品のメリット・デメリットを比較しながら、分かりやすく相談することが可能。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
8
総合満足度 3.6
» おすすめランキング 4位
» 保険相談Naviの口コミはこちら

保険相談Naviは比較的新しいFP訪問サービス。全国の厳選された保険、相続、税金、投資等の金融知識が非常に豊富なFPを引き合わせてくれることで定評がある。取り扱いう保険会社数は平均23社、FPの平均実務経験は9年。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
6
総合満足度 3.4
» おすすめランキング 5位
» じぶんの保険の口コミはこちら

「じぶんの保険」は独自の審査基準を設け、FPの中でも何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを選抜して紹介してくれる。必要な保障だけを見極めて、提案してくれる。

公式サイトはこちら
ほけんの窓口
4
総合満足度 3.4
» おすすめランキング 6位
» 保険アドバイザーズの口コミはこちら

保険アドバイザーズは、すでに保険に入っている方、これから保険に入る方に、保険コンサルタント(無料相談)を行っている。

保険のプロである保険コンサルタントが相談者のライフスタイル、人生設計にあった保険に入っているか、または今必要な保険プランを提案してくれる。

公式サイトはこちら
無料保険相談
無料保険相談
ほけんの窓口
25
総合満足度 4.7
» おすすめランキング 1位
» ほけんの窓口の口コミはこちら

業界最大手の保険ショップ。全国津々浦々まで500店舗以上を展開している。店舗型保険相談の先駆者的存在。 保険相談件数は90万件を超える。20代~リタイア世代まで、幅広い年齢層に対応する保険の相談に応えてくれる。

保険の知識がない人にも、一度で分からない場合などは複数回に渡って丁寧に説明してくれると利用者からの声が多数あり。

公式サイトはこちら
保険クリニック
18
総合満足度 4.5
» おすすめランキング 2位
» 保険クリニックの口コミはこちら

店舗型としては、1999年に日本で初めて保険の相談窓口を始めた老舗の保険ショップ。現在の店舗数は全国160店。 他社にはない15年かけて相談に応えてきた蓄積に定評がある。独自に開発した保険選びのシステム開発を続けている。加入中の保険の分析だけの来店もOK。来店が難しい人のために、相談者の家への訪問相談も行っている。

公式サイトはこちら
マネモ
11
総合満足度 4.2
» おすすめランキング 3位
» Lifull保険相談の口コミはこちら

全国47都道府県にある、1,400店の無料保険相談できる店舗を掲載。大手の「みつばちほけん」「保険の見直し本舗」をはじめ「保険クリニック」「ほけん百花」など、有名どころの保険ショップの検索・予約が可能。

生命・医療保険、年金など家計・金融に詳しい「保険のプロ」が、家族構成やライフプランを考慮した、最適な保険の選び方をアドバイスしてくれる。

公式サイトはこちら
保険クリニック
8
総合満足度 4.5
» おすすめランキング 4位
» 保険見直し本舗の口コミはこちら

北海道から沖縄まで、全国198店舗を展開中。直営店舗数では業界No.1の保険ショップ。20万件を超える無料保険相談実施の実績がある。

複合商業施設等に店舗があり、買い物のついでなど、気軽に相談することができる。現在は亀梨和也をCMキャラクタに起用している。

公式サイトはこちら
マネモ
6
総合満足度 4.2
» おすすめランキング 5位
» みつばちほけんの口コミはこちら

みつばちほけんでは、「保険のことはよく分からない」というこれから保険を考える人から、「これまでの保険を見直したい」という方まで、丁寧にサポートしてくれる。

生命保険以外にも、医療保険やがん保険、自動車保険や火災保険、地震保険、ペット保険など様々な保険を取り扱っている

公式サイトはこちら

無料の保険相談サービスを受けたら、「もしかして、しつこいサービスがあるの?」と思う方がいるかも知れませんが、今の時代そんなことはありません。無料で相談を受けつけて、もし納得がいく相談者に合った保険があれば、契約することで、保険相談サービスは成り立っています。

保険ショップにいるFPの資格を持つアドバイザーの方たちや、訪問相談のFPの方たちは、多くの家庭を見てきた、「保険のプロ」です。 もし保険で分からないことがあれば、無料で、色々聞いた方がお得です。

特定の保険会社の営業マンに、的確なアドバイスが貰えたとしても自社の保険商品を勧められることになります。FP=ファイナンシャルプランナーや複数の保険会社商品を扱う代理店の担当者に相談した方が公平な立場で話を聞くことができます

自分自身で保険内容なども決めていたとしても、一社のみならず最低でも3社から4社、複数の保険会社から相見積もりを取りましょう。各保険会社で用意されている商品は条件や保険料など類似しているものも多くありますから、複数社の検討は必須です。条件が同じなら保険料金が抑えられるもの、もしくは信頼度の高い会社を選べば良いです。

「自分に合った保険の選び方」&「保険の見直し方法」

過不足ない保障を準備するためには、自分の生活に合った入り方が必要です。

保険選びは、ライフスタイルやその人の年齢・職業・そして貯蓄などによって変わってきます。保険の基本は「必要保障額」を把握しておくこと。必要保障額とは、万が一死亡した時に遺族年金などの公的保障や、妻の収入で補うことができない部分の金額です。また、家族の数や、年齢、貯蓄額によっても保障額は違ってきます。

遺された家族の一生分を保険で補うわけじゃない

18歳未満のお子さんがいれば、職業に関係なく「遺族基礎年金」がもらえます。厚生年金に入っているサラリーマンであれば、それに加え「遺族厚生年金」がもらえます。しかし、それだけではもちろん足りないのが現実(教育費など)ですから、どのくらいの保障が必要か、FPに要望を伝えて相談すると、詳しく教えてくれます。

保険の素朴な疑問Q&A

保険は本当に高額な買い物?

保険は1ヵ月単位で考えると払っていけそうな金額でも、一生涯で支払うトータルは想像以上に高額になります。

生命保険文化センターの調査によると、一世帯当たりの年間保険料は41万6,000円。30年聞にわたって払い続けると、1,248万円にも達します。保険は住宅の次に高い買い物だといわれているのもうなずけます。

もちろん、この金額には個人年金などの貯蓄性のある保険も含まれていますから、一概に41万6,000円の全額が掛け捨てになるわけではありません。

しかし、保険料の支払いが重くて貯蓄ができないというのでは本末転倒。一生涯に支出する金額の第2位が保険にならないようにしたいものです。

適正な保障額を知るにはどうするの?

保険に加入する合言葉は「必要保障額」。これは、遺族の生活に必要なお金から、遺族年金や妻の就労収入を引いた金額をいいます。保険の入り過ぎや、保障不足を防ぐためにも、必要保障額の把握は欠かせません。

保険は手厚く準備すればするほど、保険料の負担が重くなっていきます。必要保障額を知ることで、保険に掛かる費用を少なくしたいもの。その分貯蓄を増やしていくのが賢い家計です。

必要保障額の把握は、現在の生活費に教育費など使う予定の金額を足して、遺族年金、貯蓄、妻の収入などを差し引いて計算します。ご家庭によって生活費や教育費は異なるので、目安とする金額はそれぞれ。

過不足なく保険に加入することで、保険料の節約にもつながります。まずは遺族年金の把握からスタートしましょう。

保険の見直し時期はいつがいい?

一番よくないことは保険の入りっぱなし。家族構成やライフプランの変化に応じて、必要保障額も変わります。そういったタイミングで見直しを行いましょう。

子どもが生まれたとき、住宅を購入したとき、子どもが独立したときの3回は最低限見直ししたいところ。近頃は保険料が年々安くなる傾向にありますし、保障内容も変化しています。

たとえば、5年に1度見直すなど期間を決めてしまっても構いません。さらに禁煙をして1年経ったタイミングでもよいでしょう。非喫煙や血圧、BMlの数値によっては保険料、が大幅に安くなるケースもありえます。

また入院などは保険に頼らず、貯蓄で対処すると決心することもお勧めします。保険に入るもの、入らないものとメリハリをつけて、最低3回は見直しを実行しましょう。

どんな保険に入ればいいのか

保険は貯蓄で対処できない「不測の事態に備えるもの。保険に加入する最大の理由、それは死亡することで収入が少なくなるリスクを、保険料という対価を払って保険会社に引き受けてもらうこと。

小さな子どものいる一家の稼ぎ手が死亡してしまったら、残された家族の生活が困窮してしまいます。大きな保障を得るためには「定期保険」や「収入保障保険」が適しています。

保険料を抑える6つのコツ

保険に初めて入る時も、すでに入っている保険を見直す時も、知識がないとどう節約していいか分かりません。ひと昔まえと比べて、保険商品の選択肢も広がっています。必要最小限の保険に効率よく加入したいなら、保険料に差がつくポイントを押さえておきましょう。

① 加入する優先順位を決める
優先して加入すべきなのは、「起こったら家計カ活皮綻してしまうほど経済的なダメージが大きなもの」。まずは、自動車保険、火災保険、地震保険、生計を支えている人の死亡保障を確保したうえで、医療保険、がん保険、個人年金保険などを必要に応じて検討していきましよう。
② 保険会社によって保険料が違うことを知る
死亡保障が閉じ3000万円の保険でも、会社によって保険料が違います。保険料は、予定死亡率などから計算する純保険料と事業費として計上する付付加保険料の合計となります。各社とも純保険料はあまり変わりませんが、付加保険料の部分はバラバラなので、保険料にパラつきが出るのです。事業コストか高い会社ほど保険料か高くなります。
③ 大きなトレンドは、掛け捨て化と単品化
現在の保険の標準利率は1%。貯蓄性が高いとはいえないので、貯蓄性のある保険より掛け捨てで保障が得られるタイプのほうが主流になっています。以前は、終身保険をベースに定期保険や医療寺約を付加する定期保険特約付き終身保険が主流でしたが、最近では、死亡保障は収入保障保険、医療保険もがん保険も単体のものを自由に組み合わせるようになってきました。
④ 死亡保障を収入保障保険にすると安くなる
死亡保障は、同じ3000万円の保障なら、一生涯死亡保障が受け取れる終身保険よりも、保障の期間がここまでと決まっている定期保険のほうが保険料が安くなります。さらに同じ定期保険でも、保険期聞が進むほど保障額の合計が減っていく収入保障保険のほうが、さらに保険料が安くなります
⑤ 健康体・非喫煙者は保険料が安い
死亡保障がメインの定期保険や収入保障保険には、加入者の条件によるリスク区分型が採用されている会社があります。たば乙を吸う人より吸わない人のほうが、肥満度を示すBMI値や血圧値が基準の範囲内の人のほうか死亡率が低くなるので、保険料が割安に。
⑥ ネットで入れる保険、共済、少額短期保険も選択肢に
ネット専業の保険会社や通信販売で入れる保険会社の場合、一般の保険会社に比べて、営業員などの人件費、居舗運営費などのコストが抑えられる分、保険料が安い傾向があります。また、共済や少額短期保険も割安に保障が得られる場合があるので、選択肢のひとつとして考えてみましよう。
◆保険の仕組みを理解しよう◆
家族

なかなか気づきにくいものですが、保険はかなりの高額商品。必要な保障は確保しつつも保険料の無駄はカットしたいところです。それにはまず、保険がどういうしくみになっているか理解することが大事になってくるのです。

保険に加入すると一生を通じて支払う保険料は、何百万円にも達してしまうもの。自分に合った保障内容で、保険料も割安という保険を見つけるためには、保険の基礎知識が必要不可欠です。

掛け捨てなのか、貯蓄性の保険なのか、終身での保障があるのか、期間が限られているのかによっても大きく保険料は異なってきます。 また、保険料をいつまで支払うのかということも大切。保険といっても、死亡に備えるもの、入院に備えるもの、がんに備えるもの、介護に備えるものなど様々な保険があります。

◆必要保障額って何?◆
親子

自分に合った保険を見つけるためには、自分の必要保障額とニーズを把握すること。

必要保障額はどうやって、把握すればいいでしょうか。夫が死亡したあと遺族が生活をしていくために必要なお金から、遺族年金や死亡退職金を引いて考えてください。会社員か自営業なのかによっても、保障額や加入する保険の種類が異なってくることもあります。 さらに、本当に保険に加入するべきか、貯蓄で備えることができるのか、それ以外にも、両方を併用して準備するのか考えましょう。

子どもが大きくなった人や、そもそも子どもはいない人などは、それほど保険に加入する必要性は大きくありません。たとえば、医療保険に加入して、月額3000円の保険料を25年間支払うと90万円にも達します。90万円分の入院給付金を受け取るためには、180日間入院しなければなりません。 さらに、限度日数60日型なので、支払いは60日まで。「保険に加入したつもりで貯蓄を行う」という選択肢があってもよいはずです。とはいえ、子育て世代では十分な貯蓄がないことも多いもの。多くの人が保険に加入してリスクに備えています。ここでは生命保険の基礎について整理をしていきましょう。

◆どこで保険に入ることができる?◆
家族

保険といえば何とはなしに勧められるまま加入するケースが多かったのですが、販売方法や保険商品の多様化で手軽によい保険が見つかるようになったことで、自分でいい保険を選んで加入する時代に入ったようです。

近年の社会不安が後押しして生命保険に入る人が増えています。年金問題や雇用問題などがいい例ですが、老後の生活設計を確保する為にも保険選びから契約まで積極的に取り組んでいます。それに呼応して保険の方でも販売方法や商品を増やしてきました。

販売方法の一つに保険代理店があります。昔からの保険販売経路で保険会社から商品販売を任され保険会社の代わりに販売業務を代行するのですが、最近その保険代理店が多くなりました。街中に店舗を構えている保険専門店や、大規模消費センター内店舗、銀行窓口など様々です。

◆様々な保険の加入方法◆
親子

保険代理店の大きな特徴は複数の保険会社を取り扱っているところです。違う保険会社の商品を組みあわせて加入できますし、中にはファイナンシャルプランナーに相談できるところもあります。

保険代理店に相談すれば安心はできますが、頼りすぎるのも考えものです。最終的に保険に入ってもらうのが目的なのですから。
保険代理店以外にも販売方法は色々です。保険会社からの直接勧誘や、HPを使ったインターネットタイプなどありますが、どちらかといえば人を介さず申し込むタイプが多いようです。

このような方法は何よりも安く契約できることが大きなメリットですが、対人関係にしばられず、自分だけの考えで保険を選べる気やすさも大きなメリットの一つです。

保険といえば保険勧誘員やセールスレディに勧められるまま終身の生命保険やセット物の保険に入るケースが多かったのですが、保険の多様化により自分に適した保険を選べるようになりました。保険会社も一つだけではなく数社の中から自分に合った商品をピックアップして理想の保険に近付ける。保険に対する取り組み方も違ってきました。

改正保険業法によって保険商品の販売勧誘が変わりました

保険募集の形態の多様化が進む中、平成28年5月29日に保険業法が改正されました。これまでより、相談者が保護される環境になるため、より安心して相談できるようになりました。

①「意向把握義務」
「意向把握義務」により、相談者の意向を確認することが義務化されました。初期のヒアリングから最終的な意向まで段階を追って記録されることが義務付けられました。
②「情報提供義務」
「情報提供義務」が導入され、保険ショップで個別プランを提案する際に具体的保険商品の内容説明が義務になりました。また「比較推奨規制」も変更になり、保険商品を複数比較して提示することが義務付けられました。
③「保険募集人の再委任禁止」
保険ショップでお客さんに対応するする保険募集人である、FPやライフプランナーを「再委託」して、第三者に保険販売をすることが禁止されました。社員か契約社員が応対しなくてはなりません。

ジャンル別保険ランキング

保険はたくさんの種類があってどれに入っていいか分かりません。同じような保険商品でも、保険会社によって保障内容や利率などが違ってきます。FPや各媒体を調査した、当サイト独自の【ジャンル別保険商品ランキング】を、保険相談をする際に参考にしてください。

終身保険ランキング

終身保険ランキング 1位ソニー生命バリアブルライフ(終身型)

投資信託などで運用を行っている変額保険。一生涯の死亡保障確保で保険料が最も安いのが最大のメリットだが、変額保険なので返戻金が増減する点に注意が必要。保険料が割安なのは、この保険の予定利率が3.5%にと低めに設定されているため。運用先は、8種類の運用先から選べる。

終身保険ランキング 2位損保ジャパン日本興亜ひまわり生命一生のお守り

低解約返戻金タイプの終身保険。解約返戻金を通常の終身保険より低く設定している代わりに、保険料を安くなっている。保険料不要の介護前払特約があり、65歳以上かつ払込満了後に所定の要介護状態になったときに死亡保険金の前払い請求が出来る。

終身保険ランキング 3位オリックス生命ライズ RIZE

低解約返戻金型の終身保険。特定疾病保険料払免除特則を付加すると、三大疾病で所定の状態の際、それからの保険料支払いが免除される。保険料は5歳ごとの節目年齢までに払い込みを終了する短期払いか、終身払いを選ぶことが可能。

定期保険ランキング

定期保険ランキング 1位チューリッヒ生命定期保険プレミアム

非喫煙優良体型と認められる方なら最大で40%もの割引が受けられるチューリッヒの定期保険プレミアム。リスク細分を計り、質の高い合理的な保険料の水準を維持しています。非喫煙者の方はもちろん、過去1年間喫煙歴がない方で血圧など、定められた条件の基準を満たす方なら割引の対象となります。保険金額は500万円から100万円単位で、最高1億円までとなっています。尚、44歳以下の方の場合は1000万円からです。年齢による歳満了タイプの場合でも同等の条件で、55歳から70歳までの5歳刻みで加入もできます。

定期保険ランキング 2位オリックス生命ファインセーブ

基本的に定期保険型のファインセーブですが、契約中に終身保険に変更することができるのがこの保険の特徴です。保険金額の範囲内において終身タイプに変更する際には、新たな診査や告知などは不要です。多くの層から人気を集めている理由には、安価な保険料や高年齢でも更新できるという安心感、保険の設計を自分自身で自由にできることなどが挙げられています。90歳まで保障が続くことや、上限5億円の保険金など長い目で人生設計できるのも特長の一つです。年満了タイプでは5年、10年ごとに35年まで自由に設定することができます。90歳まで自動更新もできます。

定期保険ランキング 3位メットライフ生命スーパー割引定期保険

喫煙しない方、もしくは非喫煙優良体型である方ならお得になる保険がスーパー定期保険です。標準体とされているスタンダードクラスの方と比較すると、非喫煙優良体であるファーストクラスの方は保険料の割引が受けられます。その割引率も最大で52%にも。保険料の安さを実現できる理由は、途中解約した場合返戻金無しとしているところにあります。保険金額は100万円から5000万円までで100万円単位で金額を設定することが可能です。他にも高額保障割引などもあります。ちなみに非喫煙優良とみなされる条件としては2年以上喫煙していないことが必須です。

収入保障型保険ランキング

終身保険型保険ランキング 1位損保ジャパン日本興亜ひまわり生命家族のお守り

健康体料率特約を付けることで、保険料が大幅に割り引かれる。割引は1年以上タバコを吸っていないこと、BMI、血圧が一定の基準値を満たす人が対象となっている。

終身保険型保険ランキング 2位オリックス生命キープ

オリックス生命の「Keep」は喫煙の有無や、健康体別の保険料を設定していません。たばこを吸う人にとっては、収入保障保険の中でも最も安価となる、愛煙家には嬉しい商品。保険期間の途中で保険種類を変更することが可能。

終身保険型保険ランキング 3位チューリッヒ生命収入保障保険プレミアム

健康基準を満たした場合の保険料が安いことが特徴。条件は他の商品と比べて厳し目で、低血圧の基準は最高120mmHg未満かつ最低80mmHg未満。禁煙期間は1年間。過去1年以内の健康診断書または人間ドックの診断書の提出が必須条件。

医療保険ランキング

医療保険ランキング 1位オリックス生命新CURE

様々なメディアで紹介されている医療保険商品の中でも人気第一位を誇るのがオリックス生命の「新CURE」。何より保険料が安いという点が幅広い層に支持を得ています。更に特約の組み合わせ方も種類豊富で選択肢が多いのも人気の理由です。入院日数通常60日が、七大生活習慣病(がん・糖原病・心疾患・高血圧性疾患・脳血管疾患・肝硬変・慢性賢不全)の場合では通常の2倍、120日まで保障されます。また、がんや心疾患、脳血管疾患といった三大疾病での入院日数は無制限にすることも可能です。手術の場合、入院の有無に関係なく手術給付金が支払われます。公的医療保険に連動している7000種類もの手術にも対応可能となっています。

医療保険ランキング 2位メットライフ生命フレキシィ

入院、手術、先進医療の3つを基本の柱として支える「フレキシィ」。更にこれらの基本保障にプラスして選べるオプション(特約)は、一人一人のニーズに応え満足できる内容になっています。オプションに含まれている内容は、退院後の通院や、七大疾病にかかった場合に制限日数なく入院が可能であること、また三大疾病による保険料の免除といったものがあります。更にセカンドオピニオンを求められる付帯サービスや、がんを始め、糖尿病に対するケアに関しても総合的にサポートしています。「けんこうライフステーション」では入院サポートやメンタルヘルスに関するアドバイスなども行っています。

医療保険ランキング 3位損保ジャパン日本興亜ひまわり生命新・健康のお守り

基本保障に入院、手術、2000万円までの先進医療が含まれている「新・健康のお守り」は特約の内容も充実しています。特にがんの治療に関するもの(がん診断給付特約、外来治療給付特約など)は手厚い保障が受けられます。通常の医療保障に加えて、がん保障も兼ね備えられる心強さ。三大疾病に焦点を置いているプランでは入院日数無制限保障、七大生活習慣病では60日の入院日数の延長も可能です。がんの診断給付金や通院治療もカバーしているので安心です。また支払期間も自分で決めることができるので、個人個人の要望とニーズに十分に応えられる保険商品です。

がん保険ランキング

がん保険ランキング 1位AIG富士生命がんベスト・ゴールドα

「充実プラン」の場合は、初回給付300万円まで加入することができる。「悪性新生物診断給付金」は、2年に1回を限度に何度でもOK。2年ごとの給付条件は、再発・転移だけでなく、通院や継続治療中でも再給付される。

がん保険ランキング 2位メットライフ生命ガードエックス

ガンと闘うということをコンセプトに開発された商品。三大治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)への一時金が1年に1固まとまった給付金が受け取れる。上皮内新生物の場合の治療給付金は、悪性新生物の50%となる。

がん保険ランキング 3位オリックス生命Believe

上皮内新生物も悪性新生物と同額を保障。初回診断一時金の他、がんで入院した際に治療給付金が受け取とることができる。10日以上入院後、退院するとがん退院一時金を受け取れます。通院給付金や先進医療特約などもあり。